国際補完医療大学特別フォーラム番外編
【緊急開催】
新型コロナワクチンの不都合な真実
in 広島
~子供と大切な人を守る賢い選択~

2021年6月5日(土) 
13:00~16:00(開場 12:40) 

場所 広島市まちづくり市民交流プラザ
   マルチメディアスタジオ

番外編

今知らなければ、もう間に合わない
―新型コロナとワクチンの真実ー

 今、まさに集団接種が始まりつつある、新型コロナワクチン。マスコミや行政によって、実験段階でしかないワクチン効果を強調する報道が続く一方、激しく頻度が高い副反応、そして接種直後の悲惨な死亡事故も相次ぎ、日本全体が不穏な空気に包まれています。

 ウイルスに立ち向かうには、本当にワクチンという選択肢しかないのか?そもそも新型コロナウイルスは、そんな危険を冒してまで対峙しなければならない恐ろしいものなのでしょうか?
  多くの人が疑問に感じつつも、マスコミのあまりに偏向した誘導に流されているという現状。
「自分は打ちたくないけれど、周りの圧力で仕方なく・・」「ワクチンを打てば元の生活に戻れるなら・・」そもそも健康体である皆様が、そんな気持ちで接種した後に事故に遭ったら?私たちは無知のまま、自分自身の健康について、そして命がかかる重大な選択を「政府や医者など“自分以外の誰か”」に委ねているのではないでしょうか?

 こんな時だからこそ、私たちは自分そして大切な人の命と健康を守るために、自分自身で様々な情報に接し、調べ、考え、正しい選択をしていくことが肝要となります。
 今回の講師には、国際補完医療大学の古谷学長が自ら講師として登壇し、現在の新型コロナとワクチンの真実を分かり易くお伝えするほか、国立研究開発法人理化学研究所(理研)でまさにm-RNA治療法を研究し、今回ワクチンの構造に詳しい小早川智氏、そして地元広島の医療者として早くからこの矛盾に声を上げ、女性と子どもたち、そして広島市民を守る活動を続ける産婦人科医の藤原紹生氏を講師にお迎えします。

 ぜひ大切なご家族ご友人をお誘いの上ご参加ください。

こんなモヤモヤありませんか?

  • 新型コロナのワクチンの有効性や安全性に漠然と不安を感じている
  • ワクチンによる副作用にはどのようなものがあるのか気になっている
  • ワクチンに副作用があるのは知っているが
    予防効果も高いと言われて混乱している
  • 情報が溢れていて何を信じたらいいのか分からない
  • 大切な人に真実を伝えたい
  • 講師に直接疑問をぶつけたい
  • 講師に直接疑問をぶつけたい

そのモヤモヤを解決します!

このフォーラムでは、医療について特別な知識のない一般の方にもわかりやすく「ウイルスとは何か」「今回のワクチンには何が入っていて、摂取するとどのような危険があるか」などを、専門家がわかりやすくお伝えします。講師に直接日頃の疑問をぶつけられる貴重な機会でもあります。

講師紹介

小早川 智(こばやかわ さとる)

博士(生命環境科学)
元国立理化学研究所特別研究員

若く熱き科学者が、今回、広島に初見参!新型コロナワクチン、そして近代医療の真実を徹底的に深堀りする。
理化学研究所では、mRNAの遺伝子導入法によるガン細胞の治療などの研究にも関わる。そのキャリアにより、新型コロナのmRNAワクチンの原理や実際の危険性については、国内トップ級の知見・情報を持つ、数少ない貴重な”真の専門家”である。

藤原 紹生(ふじはら つぐお)
医師、博士(医学)
フジハラレディースクリニック院長

早いうちから新型コロナの矛盾に気づき、発信し続けた地元広島の勇気あるドクター。
広島県知事や広島市長に意見書を持参、市長の方からは直接、全職員に配ったとの回答をもらったという。
地元広島をこよなく愛する医療者として、そして妊婦と生まれてくる子どもを守る産婦人科の立場として、広島の皆様に熱いメッセージを送る。

古谷 暢基 (ふるや まさき)

博士(医学)
国際補完医療大学日本校学長

日本医療の父”で、第1回ノーベル医学賞最有力候補だった北里柴三郎の血を引く。「賢い健康市民づくり」を旗頭に、和ハーブやダイエット検定など、わかりやすい健康・予防医学・医療の啓発を行う。講演、著書、TV出演など多数。

医学、歴史、国際情勢などにも精通しつつ、専門的な医学知識を分かりやすく面白く伝えるプロフェッショナル。今回のコロナ騒動のカラクリでは、専門家との橋渡し役を務める。

小早川 智(こばやかわ さとる)

博士(生命環境科学)
元国立理化学研究所特別研究員

若く熱き科学者が、今回、広島に初見参!新型コロナワクチン、そして近代医療の真実を徹底的に深堀りする。
理化学研究所では、mRNAの遺伝子導入法によるガン細胞の治療などの研究にも関わる。そのキャリアにより、新型コロナのmRNAワクチンの原理や実際の危険性については、国内トップ級の知見・情報を持つ、数少ない貴重な”真の専門家”である。

開催概要

名 称 国際補完医療大学特別フォーラム番外編in広島
「新型コロナワクチンの不都合な真実」
~子供と大切な人を守る賢い選択~

日 時 2021年6月5日(土)
フォーラム 13:00~16:00
※開場・受付開始は12:40
場 所 広島市まちづくり市民交流プラザ マルチメディアスタジオ
アクセスはこちら

参加費用 フォーラム  3,500円(税込) 
お問い合せ 国際補完医療大学 日本校 本部事務局
〒151-0063 
東京都中央区銀座4-11-7 第2上原ビル6階
TEL : 03(6435)3860
E-Mail : info@oiucmed.jp
Website : http://u0u0.net/vVOy
お問い合せ 国際補完医療大学 日本校 本部事務局
〒151-0063 
東京都中央区銀座4-11-7 第2上原ビル6階
TEL : 03(6435)3860
E-Mail : info@oiucmed.jp
Website : http://u0u0.net/vVOy

社会人が医療の本質を学べる『国際補完医療大学』とは?

医療者だけでなく、民間資格者や一般の方々が広く本格的に学べるオープン大学。
その内容は基礎医学(生理学など)にとどまらず、予防医学や伝統医療も学べます。
同大学は1978年、世界で初めて伝統医療や予防医学に焦点を当てたWHOによる「アルマ・アタ宣言」のもと、カザフスタンの首都アルマ・アタでスタート、世界120ヵ国以上に支部を持ちます。

国際補完医療大学は2021年初秋に本格スタート!
詳細メルマガ配信を希望する方はこちらから!

子どもたちに「明るい未来」を繋ぐために

 これまで、私たちの多くは、マスメディアや教育によって形成された「ワクチンは病気を撃退してくれる魔法のような素晴らしいものである」という社会常識を疑うことはありませんでした。
 そして、実際に自分自身や大切な子どもの体内に摂取するワクチンに一体何が含まれているのか知る機会もなく、知ろうという意思を持つことも少なかったようにと思います。
 ですが今、新型コロナウイルス騒動をきっかけに、その姿勢が自分自身や家族の命に対して無責任な態度であったことに多くの人が気づき始めています。
 特に、今回接種がはじまっている新型コロナワクチンは人類初の遺伝子組み換えワクチンであり、いまだかつて人類が経験したことのないほどの薬害被害が出る十分に可能性があります。(実際、現在5月半ばの時点で日本国内で55名の副作用による死者、世界では4000人以上がワクチン接種後に亡くなっています)我々は今、これから先の人類の未来を決める重大な局面に直面しているといっても過言ではないのです。
 今一度冷静になり、本来の人間の生命力の素晴らしさを思い出すことができたなら、私たちは「明るい未来」を選び直せるかもしれない—そんな思いをもって今回のフォーラムを緊急開催いたします。
 あなたのご参加を心よりお待ちしております。